四柱推命の考えのもとは陰陽五行説

陰陽五行説とは古代中国の根本思想の理論です。

そもそも陰陽説と五行説は別々の時代に発生しましたが、戦国時代の斉(せい)の鄒衍(すうえん)によって陰陽五行説として完成しました。

五行説よりも、まず陰陽説が先に完成したと伝えられています。

陰陽説について

陰陽説は、月や星の動き、社会の動き、人間の活動や精神の働きなど、

この世の森羅万象をまとめて解釈するために生まれた統一的な原理です。

あらゆるものは陰と陽の2つの働きによって生成されており、陰と陽によって栄枯盛衰していると考えます。

例えば、太陽が陽であれば月が陰、昼が陽であれば夜が陰といった具合で、

陽は積極的・能動的なもの、陰は消極的・受動的なものを象徴します。

陽:明・熱・軽・剛・喜・速・天・男
陰:暗・寒・重・柔・悲・遅・地・女

全てを陰と陽の2つに別けるものの対立していると捉えるのではなく、

万物は対照的な異なるもの同士によって成り立つが、両者は互いに排除しあうものではなく、助け合い協力しあうことによって成立している、と捉えます。

陰陽説は中国思想の根本となりました。

五行説について

五行説は、紀元前5−4世紀に生まれました。

5行とは、木(もく)・火(か)・土(ど)・金(こん)・水(すい)の5つを指します。

木星・火星など惑星の名前もこの5行から由来して付けられています。

「行」とは”めぐる・運行する”という意味を持つ言葉ですので、5行とは「5つのめぐるもの」を意味します。

同じ物同士、異なる物同士の関係を解明した理論が五行説です。

世の中の万物は多種多様ですが、一見異なるものの中に、類似性を持った現象があり、そこに注目して、その類似性を5つの系統に分類したものが5行説です。

五行には2つの法則がある

1.五行の相性

五行がお互いに助け合う関係にあることを、五行の相性(そうしょう)といいます。

よい影響を相手に与えたり、与えられたりして、働きを強めたりお互いの力を強め合うような促進関係になります。

相性の法則には以下の様なものがあります。

  • 木生火(もくしょうか)
    木は燃えて火を生み出す。木は火を生ずる。
  • 火生土(かしょうど)
    火によって物資が燃え尽きると残るのは灰。火は土を生ずる。
  • 土生金(どしょうきん)
    土の中で光るものは鉱物や金属。土は金を生ずる。
  • 金生水(きんしょうすい)
    湿度が高いときは、金属の表面に水滴がつく。金は水を生ずる。
  • 水生木(すいしょうもく)
    植物は水によって生きている。水は木を生ずる。

2.五行の相剋(そうこく)

五行がお互いに攻撃しあう関係にあることを、五行の相剋といいます。

相手から自分の働きを抑えられたり、自分から相手の働きを抑えたり、お互いの力を消すような抑制関係です。

相剋の法則には以下の様なものがあります。

  • 木剋土(もくこくど)
    木は地中に根を張り土から養分を吸い取ります。木は土を剋する。
  • 土剋水(どこくすい)
    水ははてなく流れようとするが、土は水を吸い取り抑える。土は水を剋する。
  • 水剋火(すいこくか)
    水は火の力を抑えて消してしまいます。水は火を剋する。
  • 火剋金(かこくきん)
    火は金属を溶かしてしまいます。火は金を剋する。
  • 金克木(きんこくもく)
    金属の斧やノコギリは、どんなに大きく立派な木も切り倒してしまいます。金は木を剋する。

長い時代を経て、十干・十二支・五行・陰陽はお互いに結びついた

もともと日を数えるための記号だった十干は、戦国時代に陰陽五行説と結びつき、単なる記号以上の意味を持つようになりました。

十干十二支に五行の機能や性質が入ることで統計学として発展し、様々な暦法や暦術、方位を使った風水学・方位学などに派生していきました。