四柱推命の命式が変化する場合

四柱推命では自分の生年月日時によって命式を知ることが出来ます。

ですが、中国式の四柱推命はとても奥が深く、完成したと思っていた命式が場合によって変化することがあります。

1つは、干合(かんごう)と呼ばれる天干同士の組み合わせがある場合。

もう一つは、支合(しごう)と呼ばれる地支同士の組み合わせがある場合。

干合や支合があって、命式がある条件を満たして変化する時、「合して化す」といいます。

干合や支合があっっても、命式が条件を満たさずに変化しない場合、「合して化さず」と言います。

「合して化す」命式が変化する時

「干合していて、さらに命式変化の条件を満たしている時」に命式は変化します。

干合について

十干のうち、ある干から数えて6番目に当たる干とは結びつきが強く、その組み合わせを「干合」と呼びます。

五行説においては、相剋の関係に当たるにも関わらず結びつきが強いため、実際には剋し合いません。

干合は、甲己の合、乙庚の合、丙辛の合、丁壬の合、 戊癸の合の5種類があります。

干合があって、命式が変化する条件を満たした時に、天干の干が他の干に変化します。

  • 甲、己は土に変化する
    甲己が天干で隣り合っていて、条件を満たした時、甲は戊に変化します。
  • 乙、庚は金に変化する
    乙、庚が天干で隣り合っていて、条件を満たした時、乙は辛に変化します。
  • 丙、辛は水に変化する
    丙、辛が天干で隣り合っていて、条件を満たした時、丙は壬に、辛は癸に変化します。
  • 丁、壬は木に変化する
    丁、壬が天干で隣り合っていて、条件を満たした時、丁は乙に、壬は甲に変化します。
  • 戊、癸は金に変化する
    戊、癸が天干で隣り合っていて、条件を満たした時、戊は丙に、癸は丁に変化します。

命式が変化しない例外

上記を満たしていても、命式が変化しない例外があります。

それは「妬合しているとき」です。

1つの干が2つの干から同時に干合されることを妬合といいます。

この場合にだけは、干合していても結びつきが弱まるため、命式が変化しません。