四柱推命とは。四柱推命ってどんなもの?

四柱推命という占い占術は一言で言うと、

統計に裏付けられた的中率の高い占い

のことです。

四柱推命は中国ではるか昔に生まれた占術の1つで、

生年月日時から個人の宿命を判断する占いです。

吉凶判断に非常に優れていて、的中率の高さから中国では「占術の王」とも呼ばれます。

その技術は今日まで継承されており、歴史を経てさらに多くの統計データに裏付けられて発展しつづけている的中率の高い占術です。

日本には、江戸時代に中国から伝わり、儒教者の桜田虎門により「推命書」が著されたのが最初です。

後に、生まれた年・月・日・時の4つの柱で宿命を推しはかることから、四柱推命という名前が付けられました。

四柱推命の占い方

四柱推命の特徴は、干支暦(十干十二支を用いた暦)を使うことです。

生年月日時を、干支暦で「十干」と「十二支」に変換して「個人の宿命図=命式」を作ります。

年・月・日・時を上下段に分けると、4×2=8つの欄ができます。

上段に十干を、下段に十二支を1つずつ配します。

このようにすると、個人の宿命が8字で表されることになります。

四柱推命の中国での呼び方

個人の宿命(命式)が8文字で構成されることから、四柱推命のことを中国では「八字(パーツー)」と呼びます。
または、宋の時代(西暦960~1279)に命理・命学の基礎を築いた徐子平の名をとって、「子平」と呼んだりもします。

四柱推命の基礎「十干十二支」について

四柱推命では、干支暦を見ながら、生年月日時を十干と十二支に変換します。

十干とは

十干とは、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)から構成されます。

十二支とは

十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称です。

十干十二支の組み合わせは60通りあり、それを六十干支(ろくじっかんし)といいます。

十干十二支を略して「干支(かんし)」といいますが、日本では十二支だけのことを「干支(えと)」と呼んだりします。
同じ漢字ですが、意味が違うので注意してください。